新型コロナウイルスの影響で各所に甚大な影響が出ています。
既に申込をされた方も多いかもしれませんが、
金融機関では新型コロナウイルスの影響を受けた事業者様たちに、
特別の融資制度で支援を続けています。

ですが、特別な融資制度なんだし、
誰でも簡単に借入できるとお考えの方は注意が必要です。

新型コロナウイルス対策の特別融資制度であっても、
審査はあります。

審査落ちしてしまうと、
改めて申込をするのに時間を空ける必要がありますし、
申込に必要な時間なども取り戻すことができません。

この記事では、審査落ちにならない為に
あらかじめ知っておきたい審査のポイントをまとめました。
よろしければ参考にしてください。

ポイント1 審査が甘くなるわけではない

金融機関担当者は、なるべく多くの事業者様を支援したいと考えています。
だからといって、全ての事業者様にお金を貸すということはできません。
どんなときでも、金融機関では融資を出すのに審査が必要だからです。

コロナの影響を受けているからといって審査が甘くなるわけではありません。
もちろん、門前払いということはないとは思いますが、
相談には乗ってもらえても、融資は融資なのです。
返済できるということが証明できないと、お金は貸してもらえません。

直近の決算が赤字であった場合は赤字の原因を明らかにするなどして、
コロナの影響がなければ返済ができるんですということを、
数字上で証明していきましょう。
赤字幅が大きい場合にはしっかりと赤字の原因と向き合い、
場合によっては事業計画を策定して、
返済に問題無いことをアピールしていく必要があります。

事業計画も各所の数字に根拠がないと、
その事業計画自体が信用してもらえなくなりますので、
しっかりと説得できるだけの事業計画を策定していきましょう。

ビジネス・カタリストでは、事業計画の策定支援もやっております。
相談するだけは無料ですので、お気軽にご相談ください。

ポイント2 今の時期の創業融資はハードルが高い

今の時期に創業して創業融資を申しこもうと思った場合、
かなりハードルが高いとご覚悟ください。

金融機関は既往のお客様対応でかなり手がいっぱいです。
ですので、創業始め新規のお客様への対応する時間があまりとれていません。
正直な話、今創業融資をやっている場合じゃない
っていうのが本音だと思います。

創業融資はどうしても新規の取引となってしまいますし、
正直、なんでこんな大変な時期に創業したの?っていう考えは浮かぶと思います。

とはいえ、
コロナウイルスの影響がここまで大きくなるとは思っていなかった方もいらっしゃるでしょうし、
既に創業してしまっていてこれからってときに
コロナウイルスの影響で資金繰りが厳しくなってしまったという方もいるかと思いますので、
創業された側としてもそれはこっちのセリフだよって思うと思います。

この対策としては、
可能な限りであればコロナウイルスに関連する制度を使って申し込みをすることをおススメします。創業間もなくてその制度が使えない場合であっても、
コロナウイルスの影響を受けていることをどうにかして伝えたほうがよいでしょう。

そもそも、今創業融資自体の相談に乗れませんと言っている金融機関もあると聞いていますので、
その場合はビジネス・カタリストへご相談ください。
弊社とつながりのある金融機関のご紹介等をさせて頂きます。

ポイント3 借入希望額が大きすぎる

借入をしたいと考えていても、
いくら借入申込をしたらいいかわからない方もいるかもしれません。
コロナウイルスの影響がどこまで続くかわからない、
どこまで続くかわからないからめいっぱい借入したいと考えるのもよくわかります。

ですが、貸す金融機関側は、
すべての数字が妥当か妥当じゃないかを判断します。
事業者様が不安なことは理解しながらも、審査はまた別の話です。
その数字を妥当じゃないと判断した場合は、
最悪の場合審査落ちになる可能性があります。

それは避けたいですよね。

コロナウイルスが実際にどこで落ち着くのかは誰にもわかりませんが、
大体3~6ヶ月分くらいの運転資金が妥当と言われています。
運転資金を計算するのが難しければ、
ざっくり経費の3~6ヶ月分くらいをイメージしてみるとよいかもしれません。

ポイント4 信用情報に問題があると借入は難しい

信用情報に問題がある場合は、基本的に借入することは難しいです。
信用情報とは、過去に債務整理とか自己破産をする、
クレジットカードやローンの引き落としが遅れてしまった、
などですね。

債務整理や自己破産などはMAXで10年くらいは情報が記録されてしまうので、
その期間は基本的には借入ができないと考えた方がよいでしょう。

日本政策金融公庫の場合はCICという個人信用情報の機関に登録している情報を見ます。
このCICの情報というのは実は自分で見ることができますので(500円~1000円ほどです)、
過去に引き落としができなかったことがある、
特に問題は無いと思っているけどちょっと不安という方は、
申込をする前に確認しておくのがよいでしょう。

まとめ

この記事では、コロナ対策融資で審査落ちしないために
あらかじめ知っておきたい審査のポイントをまとめました。

とはいっても、あくまで審査の一部ですので、
後は決算書や資金繰り、事業の状況などを見ながら、
融資が可能かどうかを審査されることになります。

審査されている途中はやはり不安になりますし、
大丈夫だろうと思っていても、思わぬところに落とし穴があって、
借入ができないってこともあります。

一度審査落ちになってしまうと、
期間を空けないと再度申込ができなかったりするので、
審査落ちは避けたいところですよね。

ビジネス・カタリストでは、
事業融資のご相談に応じております。
ご相談段階では報酬も発生しませんので(完全成果報酬)、
お気軽にご相談ください。

元銀行の審査担当者がお客様が融資を受けられるように、
最大限サポートさせて頂きます。