創業を検討するときに真っ先に考えるのはお金のことだと思います。
事業に必要な資金を全て自分で用意するというのは中々難しいものです。
そこで役に立つのが創業融資です。

ビジネス・カタリストでは、
実際に銀行で創業融資の審査を行っていたコンサルタントが、
お客様が創業融資を受けられるようにサポートさせて頂きます。

事業計画の策定

事業計画を作ることで、月に売上がどれくらい入ってくるのか、
仕入や経費などでお金がどれくらい出ていくのか、を予測することができます。
事業計画を作ることで、構想から漏れている点やもっと補強した方がいい点などが明らかになってきます。
事業計画は創業融資において審査のポイントが非常に高いです。
というのも、設立間もないと申告書などが無いため金融機関はこの事業計画書を基にお金を出すか出さないかを判断しているからです。

そんな大事な事業計画、どうやって作ったらいいかわからない。という方でも大丈夫です。
コンサルタントがお客様に質問をさせて頂きながら、お客様の頭の中にある計画を、
数字や書面に表し、「見える化」をさせて頂きます。
また、策定をする中で審査のポイントとなる点、修正や補強した方がいい点などをお伝えし、
より創業融資を受けやすい事業計画に仕上げていきます。

資金繰り

事業計画を作ると実際にお金がいくら足りないのか、いつ必要なのか、などが見えてきます。
その足りない分を埋めてくれるのが、創業融資なのです。
もちろん、お金があればあっただけ安心はすると思いますが、
金融機関は必要なお金しか貸してくれません。
どうしてその金額が必要なのかという説明が必要なのです。

この金額については、「資金使途」と言いますが、
この資金使途があって始めて金融機関はお金を出すことができます。
運転資金に必要だから1000万円貸して、というのはなかなか通りづらいと考える必要があります。
その資金使途を明確に示す為に、事業計画と資金繰りを照らし合わせて、
必要な金額の計算、その根拠を導き出します。

ちなみにですが、
創業融資の相談を受ける際に、
「資本金が〇万円あるけど、いくら借りれますか?」
という質問をよく頂きます。
もちろん、目安としては資本金の2倍、3倍ということをお伝えしていますが、
この資金使途の説明ができないと、いくらこの2倍、3倍の範囲に入っていても、
十分なお金を借りることはできません。
それくらい、資金使途を説明するというのは重要なことなのです。

金融機関の選定

事業計画が完成しましたら、申込する金融機関を選びます。
創業融資と言えば、まずは日本政策金融公庫が思い浮かびますが、
地銀や信金などでも取り扱いをしています。

日本政策金融公庫と地銀・信金とは扱っている制度が違います。
地銀と信金ではほぼ同じですが、金融機関によっては若干異なる場合もあります。

どの融資制度を使う方が得なのか、
どこの金融機関に申込をする方が融資に通りやすいのか、
選ぶことは難しいと思います。

ビジネス・カタリストでは、多くの金融機関とつながりがありますので、
お客様の事業予定地や、ご希望などを伺い、
最もお客様に適していると思われる金融機関をご紹介させて頂きます。

現在は融資どころか、口座の作成自体を断っているケースも多く、
金融機関の敷居が今まで以上に上がっています。
事業する上で口座は必要なものですが、必要以上に時間をかけることはもったいないですので、
口座の開設に関しても是非ご相談ください。

申込書類作成・申込

金融機関が決まりましたら、担当者に申込のアポイントを取らせて頂きます。
所定の申込書類に記入をして申込をすることになりますが、
中には、どういう質問なのか、何を聞かれているのかわからない、
そんな内容の質問を頂くこともございます。
自署頂くもの以外は記入のお手伝いをさせて頂きますので、
余計なお時間をかけずに申込をすることが可能です。

面談

金融機関の審査における面談というのは、
お客様がどんな方なのか、この方にお金を出しても大丈夫かどうかを決める、
事業計画と並ぶ重要な審査ポイントとなっています。
これは保証人になる、ならないに関わらず、
事業をする方がどんな方なのかを見極めるためのものです。

面談は金融機関の担当者、地銀・信金の場合は信用保証協会担当者との面談もあります。
同席が可能の場合は同席をさせて頂き、リラックスして面談をして頂きます。
同席が難しい場合は、
想定問答などをお伝えさせて頂き、急な質問に困らないように、
過度な緊張をされないようにご準備させて頂きます。

審査

審査は金融機関、地銀・信金の場合は信用保証協会の担当者が行います。
既に提出している事業計画書や、面談の内容を踏まえて担当者が社内で手続きを進めます。
審査の途中では、補足資料などをお願いされることもありますが、
その補足資料につきましても、作成のお手伝いをさせて頂きます。

着金

審査が無事に終わりますと、契約書を結び、お客様の口座に融資金が着金します。
創業融資では、多少前後しますが申込から1ヶ月~1ヶ月半程度で着金となります。
創業融資の場合は面談が必須になるためどうしても時間がかかるのですが、
お急ぎ(といっても限度はありますが)の場合は、善処させて頂いております。

創業融資を申込するか迷っている方へ

事業をするにはお金が必要です。
もし、ある程度のお金を準備することができれば、
事業のスピードを早めることもできますし、
不測の事態が起きても手元にお金があると安心することができます。
創業融資を受けるか迷っている方は一度ご相談ください。

融資というのは基本的には決算書を基に審査がされるものです。
しかし、創業融資だけは特別で事業計画を基に審査がされます。
もちろん、絵に描いた餅のような計画では融資を受けることは難しいですが、
その計画に妥当性を感じさせることができればお金を貸してもらうことができます。

事業を始めると予想以上にお金がかかる、
お客様からの反応が薄い、など
思ってもみなかったことの連続で、
多くの事業者様は第1期は赤字となってしまうことが多いです。
また、社会的な情勢などの影響も受けてしまい、
黒字で終わると思ったものが赤字となってしまった、
ということもよくあります。

事業計画はあくまで計画です。
計画通りにいかなかったらお金を返してくださいなんてことにはなりません。
金融機関もうまくいかないことの方が多いということを理解してくれています。
実績(決算書)が出てしまうと変えることは基本的にはできませんが、
計画段階であれば修正することは可能です。
創業融資を受ける受けない関わらず、一度ご相談頂ければと思います。