上場を目指すベンチャー企業、まだ起業はしていないけれども上場を目指して会社の設立を検討されている方に、上場準備のお手伝いをいたします。
様々な会社のIPO支援をさせて頂いているだけではなく、実際に上場が実現した実績もあり、IPOに関する知識だけではなく実際に上場まで業務に深く携わった経験をもとに、IPOまでの伴走をいたします。

IPOロードマップの設計

上場準備にあたってはスケジュールの設計やそれに基づいたプロジェクトマネジメントを行い、必要なタイミングで必要な業務を行えるよう、上場までのよりたしかな道を示します。

社内体制の構築

上場審査を通過するためには、社内体制の構築が不可欠です。

管理部においては上場準備において最も重要となる経理、近年の上場審査において重要審査項目の一つとなっている労務分野を扱う人事、適切な会社運営を行い上場審査で不適切という判断をされないための準備をする法務・総務などについてそれぞれ適切な組織構築を行います。

上場するためには3人以上の取締役で構成される取締役会、3人以上の監査役で構成される監査役会を設置する必要がありますが、ただ設置するだけではなく、有効に機能していることが重要なため、役会運営のサポートもさせて頂きます。また取締役や監査役の人選についてもサポートさせて頂くことが可能です。
監査役会に替わって徐々に増えつつある監査委員等設置会社への移行についても、その判断を含めてサポートいたします。

内部統制の構築

社内体制の構築に加えて、会社の内部統制の構築のお手伝いもいたします。
内部統制はある程度の専門知識が要求される分野ですが、上場会社監査の過程で上場会社の内部統制を見た経験や、ゼロから構築して実際に上場審査を通過した実績から、お客様の実態に即した最適な内部統制の構築を目指します。
内部統制の構築に力を入れすぎてしまうと業務のスピードが損なわれてしまい、本業に悪影響を及ぼす可能性があることから、過度な構築は行わず、効率性も損なわない内部統制が理想であると考えているため、現場のお声も聞きながら、全体にとって一番いい内容を追求します。
申請のルールや承認ルートなど、業務フローを設計した上でそれを文書化し、上場の審査に備えます。文書化された内部統制ルールは社内の業務マニュアルとして社内展開も可能です。

内部監査は厳密には内部統制とは異なる分野ですが、内部統制と密接に関わる業務であり、上場準備においては不可欠なものになります。会社が適法適切に運営されているかを監査する内部監査部門の構築や業務のご支援、または内部監査業務の代行も可能です。

資金調達支援

これまで借り入れによる資金調達だけではなく、エクイティ・ファイナンス(株式の発行による資金調達など)のお手伝いもしており、10億円を超える調達実績がございます。
事業計画や資本政策などの調達のためのストーリー作りから、株式発行条件の設定、投資家との交渉など、成長スピードも規模も追うためのベンチャー企業の資金調達をお手伝いします。
新株発行の際に必要となる会社の時価算定業務も行っております。

ストック・オプションの設計

社員のモチベーションアップや優秀な人材の獲得のためにストック・オプションは非常に有効なツールですが、設計を間違えると社員へのメリットが当初の希望通りに実現しなかったり、税務面での留意点を見逃すと会社や社員に多額の税金が発生してしまったりと、設計にあたっては細心の注意が必要となります。様々な企業のストック・オプションを設計してきた実績から、お客様の希望に沿った最適な制度の構築を目指します。

上場申請書類作成

申請書類は分量が多いうえに、開示書類に関するある程度の知識がないと作成が難しいものになります。上場企業の監査で数多の有価証券報告書をチェックし、上場申請書類の作成も行った経験から、上場のための書類準備のサポートもいたします。

外部協力者の選定・契約

上場準備においては多くの外部協力者のサポートを受けることになり、大きなコストも発生します。しかし、必ずしも必要のない業務に対するサポート業務の売り込みや、適正価格からかけ離れた条件での契約を求めるプレーヤーもいるため、本当に必要な業務か、契約条件は適正かなどについてもコンサルティングを行います。

登記業務、議事録作成

上場の審査にあたっては、会社が今まで適法に運営されていたかも審査されるため、必要な登記を正確に行っていくことも重要となります。また株主総会や取締役会、経営会議などの社内会議体が適切に運営され、上場会社としての体制を整えているかのチェックにおいては議事録の作成が重要になります。これら書類の作成についてもお手伝いいたします。