事業融資とは、創業融資ではないものとお考えください。
事業融資では、事業計画を提出せず、過去の決算書のみで借入ができる場合も多いです。
また、既にお取引のある金融機関があれば担当者より追加融資の提案が来る場合も考えられます。
しかし、事業がうまくいっておらず提案が来ないが借入したい、
新規事業で新たに借入をしたい、
提案通りにお金を借りてもいいか迷っている、
そんな方もいらっしゃるかもしれません。

ビジネス・カタリストでは元銀行の審査担当者が中心になり、融資のご相談に親身になって対応させて頂きます。
事業計画等の資料作成から、金融機関の選定・ご紹介、面談同席や面談対策等、
お客様の資金調達を最大限サポートさせて頂きます。

事業立て直しによる資金調達をお考えの方

事業がうまくいっていないが、ここで心機一転事業を立て直したい。
そのための資金調達をお考えの方には、
事業計画の策定からお手伝いをさせて頂きます。

事業立て直しのお考えや計画を事業計画書という形にして、
実際にうまくいきそうな計画になっているか、
どこを改善するともっと効果が出てきそうかなどをディスカッションしながら、
より効果の期待できる計画書を作成していきます。
その計画書を基に資金調達をしていきましょう。

ただ、資金調達はあくまでも手段です。
どこを改善したらよいか、
どういった改善方法があるか、
適した改善方法は何なのか、
そういった点を明らかにして適切に対処していくことで、
事業を立て直すことは可能です。

新たな事業展開による資金調達をしたいとお考えの方

新規事業をお考えの方には事業計画策定のお手伝いをさせて頂きます。
既存のビジネスを維持しつつ新たな事業展開で収入を伸ばす、
既存のビジネスとのシナジー効果を発揮する、
そんな計画書を一緒に策定していきましょう。

計画であっても実現可能性が高いと思ってもらえないと金融機関はお金を貸してくれません。
計画書の策定に加え、数字の根拠となるような補足資料も作成させて頂き、
より実現可能性が高いと思ってもらえる計画書を作成致します。
金融機関は非常に慎重に審査をしていきます。
そんな慎重な姿勢の金融機関であっても、
これならばお金を貸せる、と判断してもらえる計画の作成を目指します。

金融機関の担当者からの融資提案に悩んでいる方

担当者から提案を受けているが、この提案通りに借りてしまってもいいのか、
お悩みであれば、一度ご相談ください。

金融機関の担当者もノルマがありますので、お金を借りて欲しいと思っています。
ですが、お金を借りたら返済が必要になります。
提案通りに何も考えずに借入をすると、
返済が膨らみ、資金繰りがドンドンきつくなり、手元のお金が無くなってきます。
そうすると、事業がうまくいってないわけではないのに、
手元にお金が全然残っていないということが起こり得るのです。

これは借入方法を見直すことで解決できる場合があります。
この借入方法を見直すというのは、リスケジュール(返済方法の軽減)ではありません。
この借入方法を見直すことについて教えてくれる金融機関担当者は多くはありません。

もし、事業はうまくいっているけれども、なぜか手元のお金がいつもカツカツだという方は
ご相談ください。
一緒に原因を突き止めて、余裕のある資金繰りに戻していきましょう。

金融機関の間口を広げたいとお考えの方

金融機関は一度お取引をすると担当者が付きます。
担当者が付くことで、
追加融資の相談や、事業に対するアドバイスなどを求めることができ、
新規の時よりも付き合いやすくなります。

しかし、その担当者とウマが合わない、
もっと色んなアドバイスが欲しい、
いつもセールスばかりされる、
など金融機関とのお付き合いにお悩みの方はご相談ください。

ビジネス・カタリストでは多くの金融機関とつながりがありますので、
ご希望に沿った金融機関をご紹介させて頂きます。

また、お借入以外にも、
専門家チームによる事業や融資に対するアドバイスを行っております。
お借入は考えていないけれどもアドバイスが欲しいという場合にはご相談ください。