借金というと悪いイメージを持たれる方は多いです。
どうしてもお金を借りると聞くと、お金が足りない=赤字と考えてしまうからです。

では、そもそも借金とはどういったものでしょうか?

借金とは?


ちなみに、事業で借金することを、融資を受けるといいます。

赤字とは、1年のお金の動き(損益計算書・PL)の中で入ってくるお金(売上)よりも出ていくお金(仕入や経費)が多いことです。
出ていくお金のほうが多い場合、その不足した分を用意する必要があります。

会社で元々お金を持っていれば払うことはできますが、持っているもの以上のお金を払うことはできないので、どこかで準備する必要があります。

自分で用意することができなかったときの選択肢の一つとして銀行からの借入があります。
赤字だと銀行はお金を貸してくれないのではないか?と思うかもしれません。
赤字になったらすぐに貸してくれなくなるわけではありません。

今回の赤字の原因は何なのか、今後も続いていくものなのかなどを審査します。
貸したお金が返ってこないと判断されてしまった場合は新たな融資を受けることができなくなります。

赤字が続くと会社のお金はマイナスになっていく一方なので、そのまま経営状況の悪化が続いてしまうと支払いができなくなり最悪の場合倒産に至ります。

ですので、融資を受けること自体が悪いわけではなく、お金が足りない自体となってしまった経営に問題があるわけです。

事業運営するために借金が必要な理由


では、赤字にならなければお金は借りる必要がないのかというとそうではありません。
なぜなら、会計上(損益計算書・PL)と実際のお金の動きは異なるのが一般的だからです。

事業を運営すると、入ってくるお金として売上があり、出ていくお金として仕入や経費(人件費など)があります。
事業をしているとその都度に支払うわけではなく、締日というものが存在します。

例えば月末に締めて数字をまとめて、支払は翌月末ということが商売を行う上での慣習として当たり前に存在します。

では、ここで会社を運営しているものとして考えてみましょう。

1月に売上が発生しました。
売上は月末締翌月末払いの契約なので売上が入金になるのは2月の末です。
同じように仕入れた分の支払もあります。

もし仕入れた分の支払いが翌月末払いであれば、来月末に入ってくるお金で払うことができそうですよね。

しかし、このままだと経費の支払ができません。

経費だって翌月末払いにしちゃえばいいじゃないかって考えるかもしれませんが、「会社のお金が無いから給料は翌月末に払うね。」って言われたら困ってしまいますよね。

なので、売上がすぐに入金になる場合を除いて会社が立て替えなければいけないお金はほとんどの場合発生します。
設立してから数年経っている会社で利益も継続して出してきた会社であれば、過去の利益の積み上げた分があるので借入をする必要はないかもしれません。

ですが、設立して間もない会社など現預金に余裕がなければ払うことができません。
その不足する分を埋めるための制度が融資なのです。

ですが、入金と仕入の時期は取引先毎に異なるので一致しないことも多々あります。
売上がたってから入金までに2ヶ月かかり(翌々月末入金)、仕入は当月末に払う必要があると、2ヶ月分の立替が必要になります。

黒字倒産について


数字上の売上や支払いの動きと実際のお金の動きは異なります。

ですので、特に売上が急に伸びている会社などはお金が入ってくる前に支払う必要があるものが多かったりするのでお金のやりくりに四苦八苦しているケースもよくある話です。

黒字倒産という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、いくら会計上の数字が黒字であっても、現預金が無くなって支払いができなくなってしまったら会社は倒産してしまうのです。

ですが、もし融資を受けることができれば会社が倒産することを防ぐことができますよね。
融資を受けること自体は悪いことではなくむしろこのギャップを埋めてくれる立派な制度なのです。

まとめ

ここまでお伝えした通り、借金すること自体は悪いことではなく、むしろ入ってくるお金と出ていくお金のギャップを調整してくれる立派な制度です。

自分だけの力で事業に必要なお金を全部集めようとすると中々大変です。
利用できるものは利用して、賢く経営していきましょう。