新型コロナウイルスの影響で一部の事業を除いて
相当な打撃を受けています。

そこで経営者の方が何よりも懸念するのが、
資金繰りだと思いますが、
そんなときに役に立つのが融資制度です。

緊急事態宣言を受けて
更に制度は拡張していくものと思いますが、
今既に取り扱いが始まっている融資制度をご案内します。

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付

日本政策金融公庫で取り扱っているのは、
「新型コロナウイルス感染症特別貸付」
です。

こちらはコロナの影響を受けて
月の売上高が基準時点から5%減少していると
要件に当てはまるというものです。

金額のMAXは6,000万円ですが、
誰もが6,000万円借りられるわけではなく、
売上規模などを見て融資可能金額は変わってきます。

金利については基準利率がベースですが、
3,000万円を限度に融資後3年目までは「基準利率から-0.9%」されます。

更に要件を満たすことでその「基準利率から-0.9%」した部分についても
利子の補助が出る予定であり、
実質的に無金利となる制度が創設される予定です。

返済期間についても最長で、
設備資金20年(うち据置期間5年以内)
運転資金15年(うち据置期間5年以内)
となっており、
コロナが落ち着き
事業の立て直しがある程度完了するまで、
元金の返済を待ってくれる制度です。

ただ、一般的な運転資金であれば、
5年も据置するのはあまり現実的ではない年数だと思いますので、
返済期間10年、内据置期間1年くらいというのが現実的ですし、
あまりに長期で据置も長いものは説明がつきにくいのではないでしょうか。

日本政策金融公庫の融資制度についてはこちらからどうぞ
新型コロナウイルス感染症特別貸付

各信用保証協会の保証制度

民間銀行から借入をする際に保証をしてくれる
各信用保証協会ですが、
こちらもコロナ対策用の保証制度が揃っているのでお伝えします。

今回は例として東京信用保証協会のものをあげますが、
各保証協会で似たような制度は取り扱っていることと思います。
ご確認ください。

今回ご紹介するのは、
「新型コロナウイルス感染症対応緊急融資、借換」
です。

こちらの制度も売上5%減少していれば使えるものですが、
基準が3ヶ月となっていて、
「最近3ヶ月の売上実績」もしくは「今後3ヶ月間の売上見込」が
令和元年12月以前の直近同期と比較するものです。

融資期間は
運転資金が10年以内(据置期間2年以内)
設備資金が15年以内(据置期間3年以内)
です。

公庫のものと比べると短く感じるかもしれませんが、
公庫は一部特殊な制度があるためであって、
通常はこの10年や15年が基準となります。

保証協会は通常、保証する際に保証料というものを
約1%ほど支払う必要がありますが、
この制度では基本的には全額東京都が補助をします。
(一部例外で2/3の補助)

融資利率は1.5%~2.4%程度が目安となっています。

市区町村などが発行する認定書があれば
いわゆるセーフティネットの4号や5号などとして扱われますが、
その認定書がなくても取扱ってもらえます。

現在、認定書の発行にかなりの時間がかかっているようですが、
その時間を待つ余裕がないということであれば
所定の書類のみ揃えて申し込むことができます。

新規での申込も可能ですし、
もちろん既にお取引のある方も対象です。

また、新規で借入はいいけれど売上が減っていくので
元々の借入の返済方法を見直したい、考え直したいという場合は
この制度の「借換」を使うことで、
借入をまとめたりすることができ、
月々の返済負担を軽減させることができます。

返済負担を見直すだけでも、
資金繰りは相当楽になりますので、
検討してみても良いのではないかと思います。

東京信用保証協会の融資制度についてはこちら
「新型コロナウイルス感染症に関する保証制度・相談窓口について」

まとめ

普段は融資に頼らなくても事業できていた方も
このコロナの影響で融資を受けざるを得なかったり、
検討を始めた方もいらっしゃるかと思います。

このコロナも連日のように感染者の方が増え、
収束がまだまだ見えない状況ですね。

しかし、手元資金があれば
危機的状況であっても
多少は余裕が出てくると思います。

自分だけは大丈夫と思わず、
一度資金繰りを見直してみるのもよいと思います。

とはいえ、
今まで金融機関と付き合いの無い方が
急に金融機関に相談するというのはハードルが高いと思います。

ビジネス・カタリストでは
金融機関との面談の同席や各種資料の作成などの
お手伝いをさせて頂いております。

お話だけでも聞くのもOKですので、
よろしければ問い合わせフォームよりご連絡いただければと思います。

最後になりますが、
感染者の方がいち早く快方に向かっていただくことと、
皆様がたのご健康をお祈りしております。