法人を設立したら、法人の銀行口座(信用金庫含む)を作る必要があります。
法人の事業が開始すると、
売上の入金、経費の支払などで日々お金が動いているので、
銀行口座は必須です。

「会社設立後の銀行口座の開設」では、
ここ最近、銀行口座を作ることのハードルが非常にあがっていることをお伝えしました。
口座作成の審査に落ちるということも、
以前と比べるとよく聞く話になってしまいました。

なぜ、今銀行は口座作成に対して厳しいのでしょうか?
また、銀行は口座を作成する際にどんなポイントで審査をしているのでしょうか?

元銀行員が口座解説のポイントについて解説していきます。

口座作成のポイントは実態把握と複合取引

口座作成のポイントは2点です。それは、

・実態把握ができるか?

・今後取引拡大が見込まれるか?

この2点です。
では、順番に見ていきましょう。

銀行のいう実態把握とは、事業実態があるかどうか

実態把握というのは、
その届出の住所のところにちゃんと会社があるかどうか、
そこで事業をやっているかどうかということです。

この「実態把握」というのは、犯罪面から考えると理解しやすいと思います。

銀行口座が売買されているというのは、ニュースで目にしたことがあると思います。
振り込め詐欺など犯罪でお金を受け取る際に、その売買した口座が利用されているのです。

実態のない会社を作り銀行口座を作成し、その作った口座を売買しているんですね。

銀行口座が犯罪に使われると、銀行としては信用を失いますよね。
厳しく言うとすると、犯罪に加担したとも言えてしまうわけです。

銀行はリスクを非常に嫌うので、売買されることがないように、
入り口となる口座作成の審査時点で怪しいと思われる企業をお断りしてしまうわけです。

よくご質問の中に、シェアオフィスやバーチャルオフィスでは
銀行口座を作成できるのか?という質問があります。

結論から言いますと、実態把握ができるのであれば作成できるし、
実態を証明できなれけば作成できません。

シェアオフィスの場合は、
個別ブースとフリースペースがあります。

個別ブースであれば、そのシェアオフィスのHPだったり、
シェアオフィスの内の案内ページにその企業が出ていますし、
個別ブースであればその部屋にはその企業しかいないので、
実態把握はしやすいですよね。

フリースペースの場合は、
シャアオフィス内の案内ページに出ていたとしても、
行っても本当にいるかというのがわかりにくいですよね。

地銀や信金は、お客様のところを訪問して実態把握をするということをしています。
訪問してもお客様と会えないと、担当者も上司に説明する際に説明のしようがありませんよね。

バーチャルオフィスは基本的には実態がないですよね。
登記場所として貸出しているようなもので、
郵送物は転送サービスなどで受け取ることができても、
そこには基本的には事業実態はないです。

今はコロナウイルスの影響などもあり、
固定費を抑えることのできる、シェアオフィス、バーチャルオフィスを検討する方は
非常に多くいらっしゃると思います。

ですが、銀行口座を作成するという観点で言うと、
一般的な事務所よりもハードルが上がってしまうと思われます。

ただ、シェアオフィス、バーチャルオフィスの運営者が
東京都などの自治体や銀行、信金などと連携して、
口座の作成などをしやすい環境を整えているところもあります。
お考えの際には、借りる前に一度問い合わせをしてみるとよいと思います。

さて、次は複合取引についてです。

銀行口座の作成だけでは銀行は儲からない

複合取引については銀行の収益の観点ですね。
銀行のビジネスモデルについて考えるとわかります。

簡単に言うと、
銀行は口座を作るだけでは、収益になるどころかマイナスになってしまうのです。

銀行のビジネスは、
お金を預けてもらい(預金)、
それを必要な方に貸し出すことで(融資)
収益を得ています。

その他にも、振込などで手数料はかかりますが、
基本的には銀行は融資で稼いでいるわけです。

ですので、仮に口座を作って何にも使われない場合は、
その口座の管理などで費用がかかり、
マイナスになってしまいます。

海外では口座維持手数料を導入しているところもあり、
日本国内でも、利用されていない口座への維持手数料導入というのが、
検討されています(一部銀行で既に導入)

今まではお金を借りたい人がいっぱいいたので、
バンバン預金を集めれば、その分貸し出しができて
銀行がドンドン潤うって話だったのですが、
今は貸し出し先が中々なく、
預金を集めても余ってしまうだけなので、
預金を今までのように集める必要がなくなってきているのです。

わかりやすいのは、金利ですね。
昔は預金金利ももっともっと高い時代がありました。
それは預金を集めるために高かったわけです。

もちろん貸し出しする時の金利もそれなりに高かったので、
その高い金利でも採算が取れたわけです。

でも、今は0に限りなく近い金利ですよね。
集める必要がないよって銀行が言っているわけです。
その代わり、銀行は投資信託とか保険をがんばって売っていますよね。

ですので、ただ口座を作るっていうのはそんなに必要では無くて、
今後どれだけの収益が見込めるのかどうかというところにポイントを置いています。

例えば融資などですね。
中には融資とセットじゃないと口座が作れないと言っているところまであると聞いています。

今銀行も経営統合だったり、合併だったりで、
地銀を中心に収益構造を見直さないと生き残れない時代になっています。
そういった事情があるということがわかれば、
なんで審査に落ちたのかという理由がわかるようになると思います。

融資を受けるわけではないのに、
銀行口座の作成だけでも手間や時間を取られてしまいます。
審査の結果、落ちてしまったなんてことになると、
精神的にもくるものがありますよね。

その場合は、担当の税理士や専門家などに相談してみるのもよいでしょう。
銀行側も専門家などからの紹介の方が、紹介元を知っているので、
相談に乗りやすいです。

もし、ご相談できる方がいらっしゃらなければ、
ご相談に応じますのでご一報頂ければと思います。