事業を始めるのであれば自己資金だけでは円滑に進められない人が多いのが現状です。起業を希望する人の中には、お金を借りてまで事業を始めるのは…と考える人も多いことでしょう。

しかしながらローンとしてお金を借りて事業を始めるのは決して悪いことではありません。むしろメリットがあるもので、多くの企業がローンの力を借りて会社の設立を行ってきました。ここでは事業用としてお金を借りる際に覚えておきたいことをご紹介していきます。

事業のローンはどこから借りるのか?

お金というのは事業を始める人だけではなく、様々な理由が合ってローンを組むように様々な機関に依頼を行っていきます。

組めるローンとしては自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどがあり、人生にはローンによって支えられていると言っても過言ではありません。事業であってもお金を借りた状態で始めることはでき、この場合にはビジネスローンを組む、又は融資を受けると言った形でお金を借りて、事業を始めます。

このビジネスローンは銀行で組めるほか、様々な機関で申し込みができるようになっています。

銀行

多くの人が融資を受ける場合に第一候補として出てくるのが銀行でしょう。

銀行は各種ローンが受けられる他、融資に関しても整えられているところが多くなっています。

銀行は普段から利用している人が大半でしょう。日頃から付き合いのある担当者を通じて申し込みをするか、もしくは銀行の融資窓口にて相談することで融資を受けられるようになっています。

信用金庫

営業地域が一定の地域に限られている信用金庫でも融資が可能です。そもそも信用金庫とは、対象の地域の人々が利用者や会員として互いに地域の繁栄を支える協働組織として成り立っている金融機関になります。そのため、利用者が預けた資金というのは地域に貢献するお金になっているのが特徴です。

金利は高いことも特徴の一部ではありますが、借入先として有力な候補になることは間違いありません。その理由となるのが銀行よりも融資が受けやすい点です。準備が必要なものも少ないため、スピーディに事業ローンを借りたい人は信用金庫から融資を検討するのがおすすめです。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫とは、政府が100%出資している金融機関になります。個人事業主や中小企業を中心として融資の制度を提供しており、金利が低めであることが最大の特徴として知られています。

日本政策金融公庫から融資を受ける場合には、返済期間に注意しなければなりません。返済期間は最低でも「5年以上」からの選択です。借入期間が長い人が対象になるので、気を付けましょう。

だからと言って金利が高くないのは非常にありがたいと思えることでしょう。長い期間で借りられれば1回あたりの返済額の負担も大きくならないため、借りる側は非常にメリットのある融資になっています。

ただし、上記のようなメリットがあることから、政府は借りる側に返済能力の有無を示すための資料を用意しなければなりません。その審査もかなり厳しく自己資金もチェックされるので、事業計画をしっかりと立ててから融資の申し込みが必要だと言えます。

事業に関して受ける融資にはどんなメリットがあるの?

続いては融資を受けるメリットを説明していきましょう。融資を受けるにあたって大きなメリットになるのが資金繰りです。資金繰りとは会社の収入と支出を管理して収支の過不足を調整するやり取りのことです。

資金繰りに問題がなければ黒字、資金繰りに失敗すれば赤字といったように、赤字であると倒産にリスクが非常に高くなってしまいます。これから発生する金銭の動きをよく把握して、それに対して融資でお金を多く用意しておくことで、事業を軌道にも乗せやすくなります。お金について悩む時間を少なくさせ、余裕のある資金繰りが可能です。

また、融資というのは実績がなくても受けられるものであります。特に信用金庫に関しては金利が高い分、融資を受けやすいという特性から、どんな人にも起業のチャンスがあると言えるでしょう。

銀行からの融資を受けるのに必要な条件

多くの人にチャンスを届ける融資ですが、どんな人も簡単に受けられるわけではないのが現状です。中でも銀行融資はビジネスローンを組むのにあたってまず、以下のことをクリアしておきましょう。

・開業届を提出しておく

事業は開業届を出さずともスタートできると思っている人が多いですが、実際は原則として事業開始の事実があった日から1ヶ月以内には開業届を提出しておかなければなりません。未提出で罰則を受けるということはありませんが、融資を受けたいと考えている方は、借入申し込みの前には提出しておきましょう。

・確定申告を行っておく

融資の審査では利益が出せそうな事業であることの判断のみならず、これまでの納税義務を果たしているかどうかも重要です。確定申告と納税に問題がなければ資金調達の可能性を広げられるので、忘れないようにしておきましょう。

事業としてお金を借りることのまとめ

人生の多くのシーンで耳にするローンですが、事業を始めるにあたって借りるお金は「融資を受ける」と呼ばれるのが一般的です。時にはビジネスローンを呼ばれることもありますが、借入先が複数あるのが特徴で、普通のローンでは見慣れない日本政策金融公庫からも融資を受けられるのが特徴的です。

融資には借入先の特徴から融資を受けにくい、金利が高いなどの様々な条件があります。条件が悪いからといって融資を受けることを諦める人も多いですが、融資にはメリットがあり、潤沢な資産からビジネスを軌道に乗せやすくなっているのです。

ぜひご紹介してきた融資に必要な条件と合わせて理解し、成功を掴み取れるビジネス計画を立ててみてはいかがでしょうか?ビジネスカタリストでは公認会計士や財務コンサルタントといった専門知識を有するスタッフが、利用者に最適となる融資先を提案いたします。ぜひこの機にご活用くださいませ。