融資を受けられる機関の一つである日本政策金融公庫、は国が100%出資している機関です。そのため、倒産リスクが低く非常に安心して利用できるとして多くの人が融資を受けています。

この記事を見ている方の中にも日本政策金融公庫から融資を受けたいと思っている方がいることでしょう。ここではそのような人のために、気になる項目に挙げられる日本政策金融公庫の審査についてまとめていきます。はたして審査基準はどうなっているのでしょうか?

日本政策金融公庫は比較的審査が甘いって本当?

日本政策金融公庫では、融資を受けた人の多くから「審査が甘いと感じた」と言われることが多い機関になっています。金利が低く故に、一見審査は厳しいものを想像してしまう日本政策金融公庫の貸付ですが、実は創業時に限り審査基準が甘い設定となっているようです。

日本政策金融公庫というのは中小企業の開業を支援している機関であります。そのため、きちんとした事業計画を元に作成された書類があり、その書類から計画達成の見通しがあると判断できれば積極的に融資を行いたいと考えているのです。このことから日本政策金融公庫から借入はきちんとした事業計画作成しておけば、審査に通る確率を高められるでしょう。

しかしながらいくら審査に通りやすいとは言え、それでも審査に通らずに泣き寝入りしてしまう人もいます。審査に落ちてしまって人はいったい何が問題だったのでしょうか?

審査落ちになる原因とは?

審査に落ちてしまう原因は主に信用情報にあります。信用情報の審査というのは日本政策金融公庫に限らず銀行や信用金庫でも厳しいと言われています。返済遅延や延滞はかならず確認されてしまう項目となるので、それらがある場合には審査前に必ず解消しておく必要性があります。

また信用情報以外にも、公共料金、税金などの支払の遅延が多数ある場合には危険です。「公共料金はさすがに審査には影響しないだろう」と思う方が多いですが、こちらは会社経営における固定費の支払になり、それが遅延するとなれば、返済も遅れてしまうだろうとみなされてしまい、融資が下りなくなるのです。

さらには、自己資金が少なすぎるのも借入できない原因になっています。日本政策金融公庫では創業融資に関して、創業資金総額の10分の1の自己資金を有していることを申し込み要件に定めています。そのため、借入希望額の10分の1の金額を所持していることが確認できなければ融資の申し込みすらできないのです。

他にも経営計画に矛盾が発生している場合にも審査には通りにくくなっています。信用できない経営計画であっては、しっかりとした計画が立てられないことから返済の計画も甘そうな人であると判断され審査落ちに繋がりやすくなっているので注意しましょう。

審査時に覚えておきたい3つのこと

先ほどご紹介してきた内容を踏まえて覚えておきたいのが審査に受かりやすくなる方法です。これらを実行することにより確実に融資を受けられるというわけではありませんが、審査に通る可能性を高めてくれるものなので、ぜひやってみることをおすすめします。

融資希望額の2~3割は用意しておく

融資希望額の1割に満たない額しか所有していない人はそもそも融資の申し込みができないとご紹介いたしました。しかしこの貯金額が2~3割にまで増えると、今度は審査担当者からの印象が良くなる傾向にあります。

ただ、審査に通りたいからと言って身内や友人からお金を借りて入金・通帳記入するのは逆効果になります。審査担当者はお金の流れをよく見ています。いきなり増えた貯金額にも当然疑問を抱き、見せ金を作る不誠実な人として判断されるので気を付けましょう。

配偶者の通帳も用意しておく

既に結婚している方ならば配偶者の通帳も用意しておくのが理想的です。配偶者にも収入があると分かれば万が一返済ができなくなった場合でもカバーできるとして、資金力があることの証明に繋がります。

特に配偶者がパートやアルバイトではなく、会社員として働いているならばかなりのプラス評価が期待できるでしょう。ただし、家族とは言え通帳を勝手に持ち出すのは家庭内トラブルを招く原因にもなってしまうので注意してください。必ず許可を得て面接時に提出しましょう。

保証人や担保の用意でさらに安心

こちらに関しては絶対に用意しなければいけないというものではありませんが、準備があると審査で有利になるでしょう。保証人や担保を準備できるという人は、審査担当者から貸し倒れのリスクが低い人であると理解してもらえます。

本人が返済不能な事態に陥っても他の人が肩代わりしてくれたり、資産を売ったりしてカバーするのですから、お金を貸す側としても当然ありがたいと思うことでしょう。

金融機関がお金を回収できない時の打撃が大きなものです。経営者のために融資はしたいものの、実際問題貸し倒れのトラブルはいくつかあり、すんなりとは貸付できません。

特に日本政策金融公庫は融資の全てが国家予算になります。貸し倒れが連続し無駄に経費を費やすとなれば国民からの非難は大きなものとなってしまいます。このことから保証人や担保を用意しておくことも重要だと言えます。

日本政策金融公庫の融資審査まとめ

日本政策金融公庫は、低い金利ながらも創業時に限り審査基準が甘くなっているため多くの人に利用されています。

ただ、審査が甘いからといって準備を怠るのはいけません。ご紹介してきた審査に落ちる原因があれば審査落ちする確率は高くなり、会社経営の夢を諦めてしまうこともなりかねません。

ビジネスカタリストでは万が一審査に通らなかった場合でも、最善の策を見つけ出し、会社経営における悩みを解決していけます。豊富な知識を有したスタッフが寄り添いながら支えていくので、融資に関する悩み事がある方は、ぜひ利用を検討してみてください。