新型コロナウイルスはまだまだ猛威をふるっており、
経済活動に大きな支障をきたしています。

当初は資金繰りに余裕があったとしても、先行きが見えずに
お金の手当に悩まれる事業者様も少なくないかもしれません。

そんなお金の手当てに悩まれる方に有効な手段に
融資を受けるという方法があります。

コロナ関連で融資のことを検索していると
「セーフティーネット」という言葉をよく目や耳にします。

ですが、この「セーフティーネット」っていったい何のことでしょうか?

今回の記事では、この「セーフティーネット」について解説していきます。

融資を受ける流れについて

セーフティーネット保証とは?
のお話の前に、融資を受けるときの流れについて簡単にさせて頂きます。

融資を受けるときには主に、
民間の金融機関(メガバンク、地方銀行、信金、信用組合)と
日本政策金融公庫(国が出資)
から受けることになります。

民間の金融機関から融資を受ける際には、
プロパー融資(保証協会などの保証機関が付かない独自の融資)と
信用保証協会が保証してくれる保証付融資の2択があります。

プロパー融資というのは、
それなりに業歴があり、財務状況も悪くない会社が利用できるのですが、
保証協会が保証する保証付融資での取り扱い件数の方が多いです。

保証協会はどの金融機関から申込をしても同じところに保証を依頼されるので、
保証付融資は一定の期間内では基本的に1金融機関にしか申し込めません。

保証協会の保証なんて、別に頼んでないよ!と思う方もいるかもしれませんが、
保証協会の保証があることによって金融機関は融資を出しやすくなります。

万が一返済ができなくなってしまったとしても、保証協会の保証が付いていると
金融機関は保証協会からお金が返ってくる(保証協会が代わりに払ってくれる)ので、
返済してもらえないかも、、という心配が減るのです。

詳しくは、信用保証協会についてまとめた記事を御案内したいと思います。

一方、日本政策金融公庫は保証協会の保証などはなく、独自の融資のみとなります。

ですので、
民間の金融機関と、日本政策金融公庫の両方に融資の申込をするという方法もあります。
(協調融資とも言います)

民間の金融機関で融資の相談をすると、
プロパー融資なのか、保証協会付融資なのか、という検討をしてくれます。

それぞれ商品のラインナップがあるのですが、
保証協会付融資の中に、「セーフティネット」を利用した
融資の制度があります。

それが、「セーフティネット」と呼ばれるものです。
つまりは、セーフティネットというのは、
融資の制度のことになります。

このセーフティネット保証の融資制度を利用するためには、
市区町村の窓口に赴き、
認定書というものを取得する必要があります。

一時期この認定書を取得するのにかなりの時間がかかっていましたが、
今は多少落ち着いています。

認定書が取得できたら金融機関の申込時に提出をして、
融資の審査を受ける。

金融機関と信用保証協会の審査が無事に通れば、
あなたの口座に融資金が入金となる。

という流れになります。

流れの中でご説明致しましたが、
セーフティネット保証というのは
認定書を利用した融資制度ということです。

認定書の具体的な取得方法については別途お伝えしたいと思います。

では、次にセーフティネット保証制度の概要についてみていきましょう。

セーフティネット保証の概要

セーフティネット保証制度というのは、
経済の状況などによって経営が安定していない事業者の方に向けて、
資金調達を円滑にできるように整えられている制度です。

主には通常の枠とは別の保証枠を設けることで(別枠)、
資金調達をしやすくなります。

経済の状況がよくない理由というのは一つではなく、
その理由によって〇号というのが決まっており、
その時の状況に応じて使える号が決まっています。

今回の新型コロナウイルスについては、
4号(突発的災害)と5号(業況の悪化している業種)の2つの号が対象になります。

では概要についてみていきましょう。

セーフティネット保証4号について

セーフティネット保証4号の概要は以下の通りです。

  • 別枠2.8億円、保証率100%
  • 指定を受けた地域において1年以上継続して事業を行っていること
  • 指定を受けた災害等(今回はコロナウイルス)の影響を受けて最近1ヶ月の売上高が前年同月比20%以上減少していることなど

1年以上事業を継続していて、
売上が前年同月比で20%以上減少していれば利用ができそう
だ、
ということですね。

続いてセーフティネット5号についても見ていきましょう。

セーフティネット保証5号について

セーフティネット保証5号の概要については以下の通りです。

  • 別枠2.8億円、保証率80%
  • 指定された事業を行っていること(中小企業庁のHPで確認ができます)
  • 直近3ヶ月の売上高が前年同期比から5%以上減少している

指定業種を営んでいて、直近3ヶ月と前年同期比で5%以上売上が落ちていれば、
利用ができる
ということです。

セーフティネット4号と5号はどちらがいいのか?

なんとなくわかったけど、結局どっちを使ったらいいの?
というお話ですが。

要件に当てはまるのであればセーフティネット4号を利用してください。

売上要件も20%以上減少と厳しいですが、
保証率が100%ですので金融機関もより、融資をしやすいです。

保証率についてですが。
事業者様が返済ができなくなったときは保証協会が金融機関にお金を払うというお話をしましたが、
いくら払うかは保証率で100%なのか80%なのかで違います。

保証率100%ですと保証協会からすべてのお金を受け取ることができるので、
金融機関としては安心してお金を出すことができるんですよね。

ですので、
当てはまるのであれば4号認定を使って、
4号が当てはまらなければ、5号に当てはまらないかを検討してください。

次にセーフティネット保証を利用する大きなメリットを2つお伝えします。

セーフティネット保証を利用するメリット

保証料の補助が出る

保証協会付融資を利用する際には通常保証料というものがかかり、
平均すると融資金額の1%ほどの保証料というものが発生するのですが、
この保証料に対して全額補助が受けられます。

保証料は金融機関からの融資金を受け取る際には既に引かれているので、
既に保証協会を利用されている方であってもあまり払ったという認識をしづらいのですが、
融資金額が大きいほど手数料も大きくなります。

今の状況ですと、出るお金は少しでも減らしていきたいので、
全額補助されるというのは嬉しいですね。

別枠で使える

保証協会では保証枠というものがあります。
通常使われているのは一般保証枠というもので、
枠の上限は2.8億円です。

その一般保証枠とは別枠で、
セーフティネット保証枠というものがあり、
2.8億円を上限として借入することができます。

もちろん枠としての上限ですので、
事業規模などで2.8億円まで利用できない場合もあります。

一般枠では目一杯借入していて枠に空きがない場合でも、
別枠を利用することで借入ができる場合がありますので、
既に保証協会をかなり利用している方でも追加融資の可能性があります。

また、何かの時に一般枠の空きを取っておきたいという場合でも、
今回はセーフティネット保証枠で借入をすれば、
コロナがある程度収束した後の資金繰りのしパにも
しなくてもいいですよね。

まとめ

今回はセーフティネット保証についてお伝えしてきました。

コロナもまだまだ収束が見えずに当初は資金繰りに余裕があっても、
長期化したために少し資金の余裕がなくなってしまうケースもありますよね。

そんなときに融資、特にセーフティネットをうまく活用すれば
このピンチを乗り切ることができます。

情報を知ることも大事ですが、
実際に資金調達に動き出さないとお金を得ることはできません。

金融機関の窓口は、一時期よりは落ち着いたとは言え、
まだまだ混んでおり、
通常の審査よりも時間がかかっています。
早めのご相談がおススメです。

まずはお取引のある金融機関に相談してみてください。
取引のある金融機関がない、相談しづらいなどありましたら、
ビジネス・カタリストにご相談ください。

銀行で審査を行っていた担当者が、
あなたの資金繰り、資金調達についてご相談に乗らせて頂きます。